関連会社(山長石沢水産)

株式会社高津 > 関連会社(山長石沢水産)

紋別郡雄武町山長石沢水産

良質な雄武町の水産物

雄武は有数の流氷接岸地帯
約1000キロの旅の果てに北海道オホーツク沿岸にたどり着きます。
流氷は流れてくる間にアイスアルジーという苔が付着し、プランクトンを呼び寄せ、プランクトンは小魚を、小魚は大型魚類を呼び集めることが知られています。

オホーツク海の中でも雄武町は、有数の流氷接岸地帯として知られています。

世界最南端の流氷

流氷の流れ

昭和26年(1951年)創業の老舗

良質な海域と職人文化
冬は流氷に覆われるオホーツク海。
山長石沢水産は流氷に覆われる雄武の漁港に面した場所にあります。
雄武町は、豊富な栄養を含んだ親潮がぶつかる場所で、良質な海産物が獲れる場所です。

山長石沢水産は、昭和26年創業の老舗で、創業当時からより良いものを扱い、良い商品作りを心掛けてきました。
前浜(港に面した場所)という立地を生かし、新鮮なうちに加工しています。また、目利きを徹底しています。

毛ガニ、イクラ、鮭、真ダコ、真イカ、ホッケ、ツブなどを中心に加工しています。

イクラ、工場、旭川

山長石沢水産の製品

海明け毛ガニ
冬の間、流氷に覆われて栄養分を蓄える海、そこで育つのは毛ガニです。
流氷が去るのを、地元では「海明け」と呼びます。
海明けで最初に獲れる毛ガニを、「海明け毛ガニ」と呼びます。

山長石沢水産では、工場長が徹底した品質選別を行い、最上級の毛ガニのみに『金印』シールを貼っております。

雄武 金印

生きた鮭を1時間でイクラに
前浜の立地を生かし、飛び跳ねる生きた鮭を活〆し、イクラにしています。
イクラにするまで約1時間という、短時間での加工を実現しています。

新鮮なままの短時間での加工から、塩漬けではなく、塩味加工に仕上げています。

雄武町 塩いくら

良質な海産物
身の締りが良く、ゼラチン成分が微量なホタテです。
北海真ダコは、タコ本来の味が味わえます。
皮が少なく歩留まりが良いのが特徴です。

他にも脂ののったホッケや、数種類の鮭など扱っています。

タコ ホタテ 鮭フィーレ

山長石沢水産 会社概要

社名 山長石沢水産株式会社
所在地 〒079-8414 北海道紋別郡雄武町字沢木86-1
電話番号 0158-85-2311
ページトップへ